どんこのアル中 日記

名古屋在住の【年金生活者】。方丈記&徒然草。

士農工商、代理店の復活か


その昔、広告代理店の事を蔑んで【士農工商代理店】とよく言われた。広告会社は最低の職業という意味。日本史の教科書から、【士農工商】という言葉が消えたように、さすがに今では、【士農工商代理店】とは言わなくなったが、何年か前、どこぞの政治家が口を滑らせて、問題になった記憶がある。
【五輪汚職】で、「電通」の元社員が逮捕され、悪党の親玉として吊るしあげられている。3回目の逮捕を喰らうくらいだから、相当の悪者であることには違いない。「電通」のおこぼれを頂戴しようとした、「大広」「ADK」の二つの広告会社も悪事に手を染めた。「電通」を筆頭に、この3社は広告業界では、5本の指に入る会社だ。俺が元いた広告会社より、規模も大きく、クリエイティブ力もある優秀な広告会社だ。しかし、悪漢「高橋」のお陰様で、「ブラック企業」のレッテルを貼られた。真面目に、働いている他の社員が哀れでしょうがないが、広告会社の社員は、案外面の皮が厚いので、取引先に行っても、「あいつらは、アホ丸出しでしょうがないすわ」と減らず口をたたいているだろう。事実、悪漢「高橋」が、「みなし公務員」という、わけのわからん立場でなかったら、たいした問題ではない。広告業界では、たまにあることだ。道徳的にはどうかと思うが、別段、法律を犯しているわけではない、と俺は思う。
しかし、今回の【五輪汚職】で広告会社のイメージダウンは避けられないか。TV局のチンピラにも、【五輪汚職】とはまったく関係ない【国葬】の事でこんな減らず口を平気でたたかれる。なんとも情けなや。


電通」がいなけりゃ、今回の五輪だって、先のサッカーワールドカップ日韓大会だって、満足に開催、運営できなかったのにさ。こういうのを何という?【必要悪】か・・・。やっぱり悪役か、広告会社は。士農工商、代理店、漫才!いや万歳!

なんだか、ガックリこんだわ、【国葬】反対デモ

1960年安保闘争デモ

安部元首相の【国葬】。いい加減なマスコミの世論調査では、反対派が多いみたいだったし、野党議員は威勢のいいこと言ってるし、売れていない芸能人がSNSで煽ってるし、日本でも久々に本格的なデモ行進が見られると期待していたが、ふたを開ければ、がっかり。国会前では数千人規模と伝えていたが、千人規模かよ。国会前の映像を見たけどカスカス。それもみんな正しく歩道を歩いていた。なんか、気が抜けたわ。1960年の安保闘争並みは、無理としても、もっとちゃんとしたデモを見たかったわ。献花に訪れた人の方が、デモ参加者より多かったとさ。それより多かったのが。警備の警察官、2万人動員である。ごっちの方がビックリだわ。警察官が警備する中、反対派と賛成派が道路を挟んで、言い合いする姿には、思わず苦笑。まぁ、平日にデモに参加できるのは、年金生活者くらいだから、昔のような角棒を持っての闘争は無理だわな。超高齢化社会の日本の現実を見た気がした。やれやれ。

ところで、このデモ主催者って、誰? 中核派? 野党? 左巻きの市民団体? 俺は、なんだか公安警察のような気がしてきた。

国葬】反対デモ

予想的中!【月見ハンバーガー】商戦を制したのは、モス。

モスバーガーの「月見フォカッチャ」

中秋の名月の候、こんなブログを書いた。
doncoyasuo.hatenablog.com

フフフッ、俺の予想は見事に的中した。

モスフードサービスは、半熟風の卵を月に見立てたモスバーガー初のメニュー「月見フォカッチャ」の販売を一時中止すると発表。売れ行きが想定を大きく上回り、食材の調達が間に合わなくなったという。当初は11月中旬までの約2か月間で160万食の販売を計画していたが、9月14日の発売から8日間で目標の半分にあたる80万食が売れた。月見フォカッチャはモス初の「月見商品」として注目を集めていた。読売新聞

しかし、冷静に考えれば、食材の調達が間に合わなくて、販売の一時中止って、「販売計画」の完全な失敗ということだ。こら!モス!しっかりせんかい。しかし、もともと「販売の一時中止」を念頭に置いた、話題性獲得の可能性もある。せこい戦略だが、マーケティング的には充分ありである。
十五夜】の後には、旧暦9月13日にお月見をする【十三夜】という日本由来の風習がある。【十五夜】または【十三夜】のどちらか一方しか月見をしない「片見月」は、あまり縁起が良くないとされている。できれば、【十五夜】と【十三夜】の両方の日に月見をするのが好ましい。今年の【十三夜】は、10月8日(土)。「月見フォカッチャ」の販売再開も、な、なんと!10月8日の予定。なんだが、怪しげな雰囲気がぷんぷん匂う。もしそうだとしたら、たいしたもんだぜ!モス。誉めてやろう。こんだけヨイショしたのだから、なんかおくれよ、モス。

いよいよ【高市早苗】首相、誕生か?

岸田政権は、支持率では、もはや危険水域だ。当分、選挙がないので、岸田のままでもいいかもしれないが、国葬でアクシデントや「旧統一協会」爆弾が爆発すると、もう持たない。次期、総裁のレースが始まる。前回の総裁選が、岸田、河野、高市、野田の4候補が立候補した。
doncoyasuo.hatenablog.com
岸田の他の3人で、【極道の妻】の野田はない。官僚から毛嫌いされている河野も正直、辛い。残るは、高市。前回、総裁選に不出馬の石破は、あいかわらずトンチンカンでなし。他の実力者のうち、萩生田と下村は、旧統一教会とスブスブのイメージがあり、まずないだろう。残るは、茂木幹事長とボンボンの福田の息子くらいか。福田はお馬鹿さんのイメージが強いのでなし。となると、高市VS茂木の一騎打ちの構図。従来の自民党だと茂木ですんなり決まるところだが、世界の女性首相の誕生の流れを鑑みるに、高市の線もなくはない。一時は、安部という後ろ盾がなくなって、向かい風かと思っていたが、岸田の国防意識の能天気ぶりで、追い風になった感がある。次の衆議院議員選挙がいつになるか未定だが、岸田がこけた後、茂木がワンポイントリリーフで、選挙前に高市総裁になる。選挙の顔としては、「女性初の首相」誕生という大看板があるので、自民党の圧勝間違いなし。・・・とこんなところが、俺の読みだが、どうだろう。

高市早苗

ある意味、尊敬に値する、川勝静岡県知事

           

国葬に参加しないのは、静岡県沖縄県、長野県の三知事。長野県知事は、「御嶽山噴火災害の追悼式」の出席のため不参加。これは、しょうがないだろう。県知事の立場からは、地元優先は当然。後の2県の知事は、何故参加しないか?それぞれとってつけたような理由はあるが、それは本意ではない。2県とも、「国家プロジェクト」で揉めているからだ。静岡県は、【リニア中央新幹線】建設。沖縄県は、【辺野古新基地】建設。沖縄県の問題は、「国防」という大義名分があるから、なんともいかんともしがたい側面がある。問題は、静岡県の【リニア中央新幹線】建設問題である。こっちは、東京 - 名古屋間を最速で40分で、東京 - 大阪間を最速67分結ぶ予定。今の「のぞみ」の約半分程度時間が短縮するというものである。まぁ、色々な経済効果があるから、「国家プロジェクト」と推進しているが、言ってみれば、ただそれだけのものに過ぎないと思う。予想すらできてない自然破壊を引き起こしてまで、推進する意義があるとは到底思えない。それとも完成後、新幹線のように【リニア中央新幹線】を海外に輸出する計画でもあるんじゃないかと邪推してしまう。

一方、静岡県は、大井川のへの懸念を理由にトンネル着工反対している。東京 - 名古屋間は、2027年開業を目指していたが、もはや無理である。今まで、中部電力のダム建設や、東名高速道路の建設で、大井川の流量減少に悩まされ続けてきた。そこへきて【リニア中央新幹線】建設問題である。それりゃ当然、反対するわな。リニア建設ルートで地図を見てみろ。

大井川の流量減は確実に起こる。JR東海も流量減をわかっているから、溢れた水を再び川に戻すなどと夢物語みたいなことを言っている。福島原発事故の地下水問題もなんともできないのに、溢れた水を再び川に戻すなんて土木技術が日本にあるとは思えない。しかし、JR東海は、「国家プロジェクト」の看板を背負っているから、態度がでかい。流量減というデメリットしかない静岡県に高圧的に接する。態度がでかいと、まとまるものもまとまらない。「実るほど頭が下がる稲穂かな」という、美しい日本語を知らないのか?
静岡県民以外の輩が、静岡県がごねているから、開業が遅れていると言うけどさ、他県の輩がグダグタ言うな。静岡県民にとっては死活問題なんだよ。まぁ、俺は名古屋市民だけど・・・。
対する川勝静岡県知事は、最近の報道を見る限り、少々いかれポンチな感じもするが、県知事が県民の生活を守るのは当たり前田のクラッカーなんだよ。そういう意味じゃ、県知事の鏡だ。
東京 - 名古屋間を最速で40分?【せまい日本 そんなに急いで どこへ行く】の交通標語をお忘れか?

しかし、偉そうな事を言う俺には、この【リニア中央新幹線】建設に加担した暗い過去がある。愛知県の依頼をこんなパンフレットを制作してしまったのさ。

doncoyasuo.hatenablog.com

悠然と 初孫の手で 梨もらう 【敬老の日の一句】

      

選評
【梨】は、【無】につながる。0歳の赤子が、64歳のしょぼくれジジイに与えるものなどは、ないものねだりであると、厳しい状況を詠んだ一句。さらに、残り少ない人生、自分の力で一所懸命に生きていけという初孫からの哀れな老人への応援歌でもある。剛柔併せ持つ、見事な一句。いずれ「梨の礫」となる現実を暗示する、いと哀れな一句でもある。秋の夜長に、しみじみと心に染みる。清水 土古(評)



      

気が触れたとしか思えない、老人の【妄言】

          

自民党村上誠一郎行政改革担当相は、安倍晋三元首相の国葬を欠席する意向を明らかにした。

村上氏が党本部で開かれた総務会後に、安倍氏政権運営が「財政、金融、外交をぼろぼろにし、官僚機構まで壊した。国賊」と発言したと報じた。時事通信

国賊か・・・。なんだか、久しぶりに聞いた日本語。新鮮ささえ感じる。

国賊
自国に害をなす者、国に損害を与えたり国家の尊厳を貶めたりする者をののしっていう語。同種の表現に「非国民」「売国奴など。

しかし、自ら所属するかってのトップを、しかも故人を、国賊呼ばわりするとは、たいした根性だ。良し悪しは、置いといて、そのガッツは、ある種尊敬に値する。神々しさ感じる。

当然、野党は

立憲民主党逢坂誠二代表代行は村上氏が国葬に反対の立場で欠席する意向を表明し、安倍政権について「財政、金融、外交をぼろぼろにし、官僚機構まで壊した」と痛烈批判した記事について「自民党村上誠一郎さん、良く言った」と称賛。
小西洋之参議院議員も、「まさにその通りだが、感動した」と。

なんだかな・・・。野党とは言え、かっての首相を【国賊】とまで言い切った御仁を称賛するなんて、なんとも節操がない。与党と野党は、いつからこんな関係になったのか。かっては、お互い対立したとは言え、それなりの最低限の礼儀はあったような気がする。官僚の劣化を嘆く声は多いが、それ以上に、政治家の劣化を感じる。

村上氏は、自由民主党愛媛県連会長。愛媛県自民党員は、何を感じる。愛媛蜜柑の不買運動でもおきなけりゃいいが・・・。

        

新しい手帳は、買わないし、買ったことがない。

今週のお題はてな手帳出し

64歳の年金生活者には、たいした「予定」もないので(病院の予約くらい)、「手帳」は、必要なし。だから、来年の手帳は、買わない。
これは、過去の手帳。これとて、みんな貰い物で、自分で手帳を買った記憶がない。手帳を買うという意識もなかった。これだから、たいした人生を送れなかったのかもしれない。それは、それで、生姜焼き。
来年は、ぴょんぴょんぴょん。🐇🐇🐇

【伊勢湾台風】級が、来る!

今回の台風14号は、伊勢湾台風級であるらしい。伊勢湾台風と言っても、ほとんどの人は知らない。なにしろ昭和34年の台風だからな・・・。被害は甚大で、5000人くらいの死者数。東日本大震災が起こるまでは、戦後最悪の自然災害であった。俺は、この伊勢湾台風を経験している。経験していると言っても、当時満2歳にもなっていなかったので、記憶はない。1年前に、こんなブログを書いた。よかったら、読んでみてくれ。
doncoyasuo.hatenablog.com

台風の進路にあたる地域の皆さん、用心と対策をと言っても、再び名古屋に来る可能性もある。【伊勢湾台風】のネーミングだけに。
しかし、被害が甚大だと、【国葬】なんか、やっている場合では、ないな。どうする、文雄?

ただいまリバイバル中 【永谷園のおちゃづけ海苔】

           

永谷園は、インスタント食品「お茶づけ海苔」のCM 「ただいまお茶づけ中」篇をリバイバル放映中。発売70周年を記念したもので、1997年に放映され話題を呼んだCMをそのまま採用。懐かしい黒電話のベルが鳴る中、一心不乱にお茶づけを食べる男性が映し出されるというシンプルな内容ながら、その“食べっぷり”が注目を集めたCM。今も、よく覚えている。

まさに、Simple is Best!

www.youtube.com