どんこのアル中 日記

名古屋在住の【年金生活者】。方丈記&徒然草。

にんじん畑にて

f:id:doncoyasuo:20211225085554p:plain

高校時代に、こんな詩を書いた。


【にんじん畑】



にんじん畑を歩いた。
霜柱が折れて
パキパキと。


にんじん畑を歩いた。
白い息が
もうもうと。


にんじん畑を歩いた。
吹き渡る風が
ごうごうと。


にんじん畑を歩いた。
胸のときめきが
にんじんと。


あなたと一緒に歩きたいと思った。
あなたとふたりで歩きたいと思った。


にんじん畑を独り歩いた。

高校への通学路の途中、にんじん畑があった。当時、若気の至りで「詩」を書いていた。今考えると赤面ものであるが、当時は「文芸同人誌」を自分で作って、そこにつたない詩を掲載した。若さとは、恐ろしいものよ。これでも受験雑誌【学研】の小説公募で入賞したこともあるんだよ。遠い昔のささやかな自慢。