どんこのアル中 日記

名古屋在住の【年金生活者】。方丈記&徒然草。

直秀、公任、行成、斉信の四人から目が離せない。


「光る君へ」の主題は、まひろと道長の恋模様。次に「紫式部VS清少納言」の女流作家対決。散りばめられた源氏物語のエッセンスの有象無象。・・・あたりかと想う。

小生の注目は、まひろと道長の脇を固める、直秀、公任、行成、斉信の4人の若手俳優
大河ドラマは、俳優のジャンピングボート。うまく活用すれば、息の長い俳優として生き残れる。4人のバチバチの演技対決を期待したい。イケメンだけでもダメ。演技力でもダメ。厳しき役者の世界。頭角を表すのは誰ぞ。

小生は、「直秀」役の「毎熊克哉」推し。毎熊なんて、苗字、初めて。さて、勝負はいかに?乞うご期待!