どんこのアル中 日記

名古屋在住の【年金生活者】。方丈記&徒然草。

1億8634万円は、安いか、高いか? ~藤井聡太8冠の獲得賞金


藤井聡太8冠の昨年の獲得賞金・対局料は、過去最高の1億8634万円で2年連続の1位。1位は当然だが、1億8634万円の金額が微妙。庶民には高額だが、藤井8冠の活躍をみると少ない気もする。特に分野は違うが、大谷翔平の契約金額を想うに、雲泥の差である。藤井8冠も他にスポンサー企業との契約料もあるから、それなりのプラスαもあると想うが、それにしても感が強い。

藤井8冠自身は金額などどうでもいいと想っているだろう。プロ棋士になるまでの大変さ、なってからの大変さを想うと、もう少し賞金が高くてもいい気もする。藤井人気で将棋界は、ますます人気を博していくだろう。特にこども愛好家が増えている現状が頼もしい。願わくば、タイトル賞金を上げて、金銭的にも夢のあるものにして欲しい。下衆の勘繰りか?

将棋界の将来は、21歳の若者の両肩にかかっている。ご自愛ください。