どんこのアル中 日記

名古屋在住の【年金生活者】。方丈記&徒然草。

分譲住宅悲話 ~「生産緑地2022年問題」その後


生産緑地」は、農業を継続することで税制上の優遇が得られる土地。2022年にその指定を解除することが可能になった。これにより宅地の供給過多が心配されたが、たいした問題にはならなかった。
私の住む名古屋市緑区は、この「生産緑地」が結構多い。農業を継続するという意味合いだが、梅の木を疎らに植えている土地がほとんど。梅の木は、梅の実を生産していることか?今の時期、梅の花が満開で、見た目にはありがたい。
30年経過すると、この「生産緑地」の指定は解除される。2022年は、その山場であったが、すぐには、その変化は表れなかった。土地の問題なので早急には動きがないと言うことかもしれない。しかし、最近になって、近所の「生産緑地」が次々と宅地の造成されている。
多分、造成後は、「分譲住宅」が建築されると思う。近所の空地や旧めの民家は、知らぬ間に「分譲住宅」になった。空地や旧めの民家がなくなった今、次のターゲットは、この「生産緑地」であろう。また「分譲住宅」が雨後の筍ごとく発生するだろう。
散歩の途中、「分譲住宅」をよく目にする。「えっ?こんな所にも・・・」と思える場所にピカピカの住宅が知らぬ間に建築されている。いずれも独創的というか、奇抜な外見である。そんな外見が若い世代の琴線に触れるのか、すぐに完売である。土地付きなので、3千万以上の価格である。購入者は、幼子がいる若い夫婦がほとんどである。家の前には、必ずピカピカのクルマが2台。ご主人用「BMW」「アウディ」「レクサス」の類がほとんど。もう1台は、奥方用の軽自動。すべからくこのパターンである。
近所の「分譲住宅」が建つたびに「内見会」が催される。暇な俺は、たびたびお邪魔する。お洒落が外観とは反するように内部はヘロヘロである。廊下、階段は狭いし、壁、床は薄っぺらだ。外ずらだけがいい住宅である。しかし、価格は3千万円以上。若い夫婦は、住宅ローンを一生かけて支払っていくのだろう。

先日、近くの建築間もない「分譲住宅」が売りに出ていた。なんらかの事情で住宅ローンを払えなかったのだろう。その家の前を通る度に胸が痛む。悲劇は続いていくのか・・・。