どんこのアル中 日記

名古屋在住の【年金生活者】。方丈記&徒然草。

漫画を蔑む日本の風土~「セクシー田中さん」原作者急死に想う


ドラマの原作漫画「セクシー田中さん」の作者、芦原妃名子自死日本テレビとドラマか化に齟齬があり、当初の約束が守られず、やむをえず9話、10話の脚本を自身で手がけた。SNSに「攻撃したかったわけじゃなくて。ごめんなさい」の最後。

天下の日本テレビVSいちクリエイター。勝負にならん。現状の日本の醜い構図。
日本の漫画は、世界標準である。世界中のクリエイターは、日本の漫画に刺激されて、自らの才能を開花している。これは現実である。この現実を全然理解していない老害の輩が数多くいる。決まり切ったセリフ、「たかが漫画」である。「たかが漫画」は、旧石器時代の感覚である。それがテレビ界の現状である。もう、滅びていいのではないか?
芦原妃名子がナイーブだったか?ナイーブからクリエイティブが生れる。クリエイターが大切にされない、我が国。合掌。