どんこのアル中 日記

名古屋在住の【年金生活者】。方丈記&徒然草。

日本人の遺伝子 ~藤原 兼家

藤原 兼家の基本方針 ☞お家のためなら、人生なんでもあり。(家族ではなく) 実の息子に命じて、お上に「毒を食らわば皿まで」なんぞ屁の河童。平安時代に突然変異で生れたこの遺伝子は、中世、近世を生き抜き、近現代に伝わる。あな、恐ろし。ところで家とはなんだろう。

その狂気の遺伝子を産みだした「藤原 兼家」。「光る君へ」の劇中の最悪人の予感。それをさらりと演じる段田安則の凄味。今は懐かしき「夢の遊民社」の光芒。大石静御用達の強者。当分の間、目が離せない。