どんこのアル中 日記

名古屋在住の【年金生活者】。方丈記&徒然草。

最近知った。「源氏物語」は、「現実逃避物語」

下級貴族出身の紫式部の「前」半生は、「光る君へ」の対極にあった。父親は漢文の知識は豊富だが、稼ぎのないダメ男。まぁ、その父親のおかげで、才女ではあった。しかし、いずこの時代も、才女≠幸せに人生。行き遅れで嫁ぐが、3年で死別。「もうやってられないわ」と現実逃避のために書き始めてたのが、「源氏物語」。う~ん、それ故の傑作か。納得。俺は読んだことないけど・・・。