どんこのアル中 日記

名古屋在住の【年金生活者】。方丈記&徒然草。

「太宰府天満宮」と「大宰府」の漢字の違い ~光る君へ


俺の平安時代への歴史知識は疎い。最近まで「源氏物語」の作者は、清少納言と思い込んでいた。当然、藤原氏の知識も疎い。学問の神様「菅原道真」を大宰府に流刑とした悪玉一族!という程度の知識しかない。少しでも勉強しょうかしらんと、「中学受験を考え始めたら読むブログ」なるものをぼんやりと見ていた。

太宰府天満宮大宰府の違い】
菅原道真が流された「大宰府」は「大」という文字。合格祈願のスポット「太宰府天満宮」は「太」。菅原道真の霊をしずめようと建てた太宰府天満宮。ウソの告発で地方に流された菅原道真をまつる神社の名前は考慮が必要。朝廷によって無念の死をとげた旨、「大宰府」と同じ文字を使うのは、よろしからず。「大宰府」ではなく「太」の字を使い、「太宰府天満宮」。う~ん、なるほどね。66歳の年金生活者が初めてする歴史的事実。
しかし、中学受験にブログでねぇ~。ちなみに、「大宰府」を「太宰府」と書くと、中学受験では、間違いとなるらしい。う~ん、俺も少しは勉強するか・・・。
しかし、菅原道真は、「光る君へ」に出番あるのかしらん。