どんこのアル中 日記

名古屋在住の【年金生活者】。方丈記&徒然草。

まだ、始まっていないのに、キャスティングの疑問符?の老害の俺


老害とは嫌なものだ。しみじみ想う。

NHK公式】大河ドラマ「光る君へ」。主人公は紫式部吉高由里子)。 平安時代に、千年の時を超えるベストセラー『源氏物語』を書き上げた女性。彼女は藤原道長柄本佑)への思い、そして秘めた情熱とたぐいまれな想像力で、光源氏=光る君のストーリーを紡いでゆく。変わりゆく世を、変わらぬ愛を胸に懸命に生きた女性の物語。

最初の感想。吉高由里子柄本佑を想い焦がれる?無理!無理!無理!アル中ハイマーの66歳の年金生活者には、理解不能柄本佑には悪いが、このなんと言うか、どう言っていいのか、ズバリ言うと、松潤のようなイケメンが良かった。
そこはそれ、御年72歳、向田邦子賞橋田賞の「老婆」大石静様に絶大なる期待。
失礼の段ご容赦ください。それだけ期待が大きいということで、1月7日が待ち遠しい。