どんこのアル中 日記

名古屋在住の【年金生活者】。方丈記&徒然草。

北野映画「首」の大ヒットは、大河「どうする家康」効果?


6年ぶり、19作目の北野監督作品「首」。大ヒット上映中らしい。予告編を見ただけで、なんだかゾクゾクゾクゾク。なんだ、この期待感! 久しぶりの感覚! 摩訶不思議?

ああ、「どうする家康」のせいか!

俺的分析
① 「本能寺の変」 ② キャスティングの2点

本能寺の変
「どうする家康」の最大の興奮、俺的には「本能寺の変」のシークエンス。従来の「本能寺の変」のイメージを打ち破った、その斬新さ。恐れ入り谷の鬼子母神。それに追い討ちをかけるように、そのイメージをさらに打ち破るかのような「首」の「本能寺の変」。
もはや「本能寺の変」シンドローム

②キャスティング
大森南朋寺島進の御両人、掛け持ち、ご苦労様。
【信長】岡田VS加瀬 
【秀吉】ムロVSたけし 
【家康】松潤VS薫 
【光秀】酒向VS西島 
・・・・等々、主要人物の対比の妙。「どうする家康」が露払いの感さえしてくる。「どうする家康」本能寺の変終了後の「首」封切り。絶妙なタイミング、計算してたかのよう。その手は桑名の焼き蛤と思いつつ、その旨さの誘惑には勝てないのさ。