どんこのアル中 日記

名古屋在住の【年金生活者】。方丈記&徒然草。

小春日和の一日、近所の「富部神社」に行ってきた


富部神社?
全国的にはまったく無名。名古屋市南区にある。しかし、名古屋市民も全然知らない、小さな神社。慶長年間、清洲城主「松平忠吉」により、創建。桃山建築の姿を残す本殿は、国の重要文化財


松平忠吉
家康侯の四男、秀忠の同母【於愛の方】の弟。井伊直政の娘婿。「どうする家康」では、秀忠の子ども時代に弟として出演しているが、成人後は出番がない。この先もないと思う。そんなこんなで、「どうする家康」とは、微妙な位置にある人物。於愛の方の子なら、好人物であったろう。賽銭5円で拝んだ。紅葉と黄葉の対比が、美しかった。

三英傑の名古屋には、「どうする家康」と微妙な位置にある史跡が数多い。そこらじゅうある。大須観音笠松観音、徳川家康幽閉居地など、幾つもある。「どうする家康」終了後は、訪ね、家康ロスに備えるとするか・・・。