どんこのアル中 日記

名古屋在住の【年金生活者】。方丈記&徒然草。

豊臣水軍侵攻大作戦か? ~幻の家康討伐の思惑

     

ははぁん、秀吉、矢作川から攻めるつもりだったな・・・

「歴史探偵」VS「どうする家康」コラボスペシャル(後編)を見てと、ふと思った。番組内で、天正地震で未遂に終わった家康討伐の最前線が長島城と紹介された。

長島城?

心に引っかかる。長島と言えば(長島温泉がある方)、木曾三川に囲まれた地域。今でこそ整備されているが、当時は大変な場所。水路が複雑に入り組がんでいて、長島一向一揆とか、宝暦治水事件とか、なにかとややこしい事が多い。なぜに、こんな場所が最前線基地?といぶかった。

豊臣水軍が中心の侵攻作戦計画だったな・・・。

岡崎城が討伐の第一目標と考えると合点がいく。岡崎城は、乙川と矢作川の合流地点に立地。江戸小唄「岡崎五万石」でも、♪~お城下まで船が着く~♪と唄われる。矢作川は大きな川。ここから攻めたら一発必中。
豊臣水軍のことは寡聞にして知らないが、九鬼水軍を筆頭になんやら凄かったらしい。小田原征伐でも出陣している。「小牧長久手の戦い」で野戦上手の家康軍にいいようにやられた秀吉が、同じ轍を踏むはずがない。陸軍がダメなら海軍じゃ!それゆえ、長島城。