どんこのアル中 日記

名古屋在住の【年金生活者】。方丈記&徒然草。

戦争を知らない老人たち ~戦後72年に想う

        
昭和期、「戦争を知らない子供たち」というフォークソングが流行った。一時期、放送禁止になった記憶がある。

歌詞は
♪~戦争が終わって 僕らは生まれた
  戦争を知らずに 僕らは育った
  おとなになって 歩きはじめる
  平和の歌を くちずさみながら
  僕らの名前を 覚えてほしい
  戦争を知らない 子供たちさ~♪

ノホホンとした歌詞である。何故に放送禁止なったのか、今もよくわからない。そういう時代だった。
戦後72年、ほとんどの日本国民は、戦争の悲劇に巻き込まれることなく生きて来た。日本国憲法とGNP(当時の指標)世界2位のお陰である。アメリカに戦争のお誘いを受けても「憲法があるんで、ちょっと・・・」とお断りができたし、国力世界2位の国に戦争をしかける馬鹿もいない。(最近は、この2つの雲行きが怪しいが・・・)
戦争を知らない子供たち」は、そのまま「戦争を知らない老人たち」になった。よく、「平和ボケ」と日本人を揶揄する輩がいるが、結構毛だらけ猫灰だらけ。
 
「平和ボケ」、「ボケ老人」になる。韻を踏んでいて、結構毛だらけ猫灰だらけ。戦後72年に想う。