どんこのアル中 日記

名古屋在住の【年金生活者】。方丈記&徒然草。

今が、「北方領土」のお買い時。

根室半島上空から望む歯舞群島

窮地のプーチン。経済的困窮極まる。お金が欲しい。少しでも欲しい。どうしても欲しい。

今こそ、「北方領土問題」を金で解決。

歴史を振り返る。
19世紀中頃、ロシアはクリミア戦争に敗北、今のロシア同様、経済的に困窮。ロシアのアレクサンドル2世は、自国領であったアラスカを1867年アメリカへの売却。その価格はわずかに720万ドル。

北方領土は4島。面積とか、人口とか色々考えると面倒なので、1島1兆円で、しめて4兆円。日本の国家予算規模を考えれば、無謀な金額ではない。長年、ぐたぐだぐだ「北方領土問題」も一挙に解決。
アメリカは、当然、激怒。怒り心頭に一言。

「アラスカは、どうなのさ」