どんこのアル中 日記

名古屋在住の【年金生活者】。方丈記&徒然草。

低級すぎる「高級」ホテル開業の新聞広告

7月1日付 中日新聞

「TIAD」なるホテルグループがある。小生は、寡聞にして知らない。その名古屋の拠点が市中心部にオープン。国内外の富裕層をターゲットにした高級感あるホテル。「高級ホテル立地促進補助金」の認定第1号として、愛知県と名古屋市からそれぞれ最大十億円の補助を受ける。・・・らしい。

貧乏人の小生には、高級ホテは縁がないのでどうでもいい。過日、オープン告知の全15段4色の新聞広告を見た。

ダサすぎる。

当初は、リーズナブルな分譲マンションの広告かとスルーした。見当たらないので探す羽目になる。
この広告に「高級感」を感じるか。なぜに建物のパースがメインビュアルなの?キャッチコピー「ゲストの明日が変わるホテル」、意味不明。高い金出して広告するのだから、少しは頭を使え、考えろよ。この広告を見て、このホテルに宿泊したい思うお方がいると思っているのか。

中日新聞 (7月2日付)

オープンの中日新聞の記事の見出し TIAD「名古屋の顔に」 冗談はよし子さん。