早稲田大学第一文学部演劇専修卒業

春樹村上の後輩です。これしか取り柄がありません。

清宮幸太郎!1年間だけ、大学に行ってくれ!part2

俺は、涙が止まらん。

お前は、詩人だ。

敗戦後のインタビュー、選手宣誓のあの言葉。

なんとも洗練された、言語センス!

 

お前は、やっぱり、日本プロ野球より、早稲田大学に行ってくれ。

それも文学部だ。文学部で英語を勉強して、神宮で活躍して、大リーグに行け!

 

大谷が抱いた、高い志を、大人たちの汚い思惑で妨害された復讐だ。

ただ、その前に、早慶戦で、お前のホームランを見て、泣きたい。

 

お前が打ったホームランの【紺碧の空】を歌いながら

脳溢血で、死にたい。

 

幸太郎、

今は亡き、早稲田のいい思い出をありがとう。

 

ついでに、親父は、日本代表監督に。あくまで、ついでに。